【妊娠・出産・育児のメリット・リスクと解決のヒント】

このサイトについて

高齢出産を検討している人のための情報サイトです。

 

  • 妊娠したが、高齢なので心配している人
  • 高齢だが、不妊治療も含めて子供が欲しい人

 

そういう人に向けて、心配ごとを少しでも軽減できるような情報を集めています。

 

主な内容

  • 高齢出産の定義: 何歳からが高齢出産?
  • 高齢出産のリスク: 母体と子供、それぞれのリスク
  • 高齢出産の育児とその後
  • 出生前検査でわかること
  • 高齢出産に向けた不妊治療
  • 有名人の高齢出産事例
  • あり得ます

 

 

何歳からが高齢出産?

高齢出産の定義

日本産婦人科学会の定義では、35歳以上の初産が高齢初産とされています。

 

昔は30歳以上とされていましたが、1993年に変更されました。

 

晩婚化の流れで30代での結婚・出産が普通になったこと、リスクが大きく高まるのが40歳以降であることが背景にあります。

 

超高齢出産とは?

最近では「超高齢出産」という言葉も生まれており、これは50歳以上での出産を指します。

 

背景には、他人の卵子提供等による事例が増えていることがあります。(最近の例では野田聖子議員)

 

また、非常に稀ではありますが、自然妊娠のケースもあります。

高齢出産の良い点

リスクばかりが煽られがちな高齢出産ですが、本当は良い点も多いのです。

 

だからこそ、勇気をもって臨む人も多いのです。

 

まずこの点を整理しましょう。

 

子供を持つ喜びが大きい

高齢出産で生まれてくる子は、本当に待ち望まれた赤ちゃんです。

 

年齢的に色々なリスクがある、でもどうしても赤ちゃんがほしい、これがラストチャンス、もう無理かもしれない・・・

 

そんな気持ちの動揺を乗り越えて、ついに授かった子ほど愛おしいものはありません。

 

若い女性は簡単に妊娠しますが、しばしばそれは心から望まざる妊娠です。

 

セックスを楽しんでいただけなのに避妊に失敗してできてしまった・・・

 

将来は赤ちゃんが欲しいと思っていたが、今のタイミングではなかった・・・

 

・・・などなど。

 

高齢出産には、そういう「軽はずみな」ケースとは違う、本物の深い喜び・幸福があるのです。

 

経済的に余裕がある

若い人はまだ自分たちが食べていくだけでせいいっぱいというケースも多く、そんな中で子供が出来ると大変です。

 

特に共働きで育児、ということになると、ママの負担は想像を絶するものがあります。

 

高齢出産は、この点では有利なことが多いです。

 

精神的に余裕がある

妊娠と子育ては初体験の出来事の連続です。

 

若いとそのたびに戸惑ったり、必要以上に悩んだりすることも多いです。

 

高齢出産の場合、これまでの人生経験のおかげでこの問題が大幅に軽減されます。

 

道は開けるものだということを体験で知っているし、情報量も多いので解決策を探すのも上手です。

 

すでに妊娠と子育てを経験している同世代の友人たちを見てきた経験も大きいです。

高齢出産のリスク

高齢出産にリスクがあるのは事実です。

 

リスクは、先天異常などの赤ちゃんのリスクと、分娩の際などの母体のリスクに分けられます。

 

赤ちゃんのリスク

高齢出産では、染色体異常のリスクが高まることが統計的にはっきりしています。

 

染色体というのは、遺伝子情報が乗ったDNAという物質の塊です。

 

両親から遺伝子のコピーを一部ずつもらって2部でワンセットで子供の設計図ができる。

 

その時にコピーの失敗などが起きるのが染色体異常だと捉えてください。

 

染色体異常の代表はダウン症です。

 

先天異常の中でも発生率が上位のものです。

 

吊り上がった目、低い鼻の童顔で低身長、そしてたいてい知的障害を伴います。

 

こうした染色体異常の発生率は、母親の年齢が高いほど高まることがはっきりしています。

 

高齢出産のママ自身の体へのリスクは、第二子以降なら減少します。

 

しかし、赤ちゃんへのリスクは初産でも第二子以降でも関係なく、同じです。

 

ママが年を取るほどリスクが増加します。

 

原因が加齢による卵子の劣化だからです。

 

ただし、それは統計上の話、集団としての話であり、個人差はとても大きいです。

 

同一人物の20代と40代なら後者の方がリスクが高いのは明白です。

 

しかし、20代のAさんと40代のBさんを比べても、Bさんの方がハイリスクとは必ずしも言えないのです。

 

このサイトの目的も、高齢出産を望む方を脅すことではありません。

 

リスクを正確に知った上で、進むのかやめるのかをご自分で判断していただきたいのです。

 

ママのリスク

高齢出産はママの体にとっても危険が増します。

 

分娩停止、大量出血、産道損傷などが起きやすくなり、帝王切開を選択するケースも増えます。

 

妊産婦死亡率は、40代以降は20代の5倍くらいになります。

 

妊産婦死亡率自体が近年著しく下がっているので、5倍といっても大きな数字ではないです。

 

ただ、確率ゼロではないので危険が増すことは心に留めておく必要があります。

 

妊娠前からかかっている病気がある場合が要注意です。

 

また、この分娩リスクは出産経験がある人は初産の人より低くなります。

 

このほか、高齢出産では流産や早産のリスクも増加します。

 

 

 

葉酸で二分脊椎を防ぎましょう

二分脊椎は歩行障害・排尿障害を主に多くの合併症を伴い、一生介護が必要になる、当人にも家族にもつらい先天異常です。

 

ダウン症よりは低いですが、かなり発生率の高い部類です。

 

多くの先天異常が事前に予防する手立てがなく、せいぜい出生前検査で知ることができるくらいです。

 

しかし、この二分脊椎は例外で、非常に有効な予防法があるのです。

 

葉酸というビタミンを摂るだけで、発生率が大幅に下がることが証明されています。

 

高齢出産を検討されている方には、下記のサイトを参考に、二分脊椎のリスクだけでもまず下げていただきたいと思います。

 

 

葉酸の二分脊椎防止効果にいてはコチラ

 

一番人気がある天然葉酸サプリについてはコチラ

 

出産後の問題点

妊娠・出産が無事終わった後に、高齢出産で問題になる可能性があることをまとめました。

 

乳児・幼児期の問題

これは何といっても体力の問題です。

 

乳児のうちは夜もひっきりなしに起され、授乳したり、おしめを替えたりしなければなりません。

 

突然熱を出したりすることも、大人の比ではなく頻繁です。

 

仕事を持っている場合はさらに体力的に大変です。

 

睡眠不足の状態で多くのことをこなし、かつ心の余裕を持って、赤ちゃんに優しく接しなければなりません。

 

この局面で、「もう少し若ければ・・・」と思ってしまう高齢出産ママは多いようです。

 

通園・通学児童期の問題

子供の同級生のママより世代が上という状態になります。

 

これについて子供とママの両方について問題が発生し得ます。

 

まず、子供については、自分の母親が友人の母親より老いていることについて、コンプレックスを持つ場合がよくあります。

 

次にママ自身については、若いママ友とうまく付き合っていけるかという問題があります。

 

大学生時期の問題

子供が大学生になる頃には、定年で収入が激減している場合があり得ます。

 

その時に貯えや退職金が十分ならいいですが、学資が十分用意できない可能性もあります。

 

こうした理由で子供が苦学することになったり、最悪は進路の変更を余儀なくされた場合、親は自責の念に駆られるかもしれません。

 

成人後の問題

子供が成人後にほどなくして親は老境にさしかかります。

 

老境までいかなくても、50代後半ともなれば、突然倒れる確率も大きく上がります。

 

想定外に早く介護が必要な状況になることも考えられます。

 

このことで、子供の社会人としての選択肢が狭まったり、結婚の障害になったりすることもあり得ます。

高齢出産に臨む心得

リスクを理解し、対応と覚悟を決める

まず、子供の先天障害について。

 

  • 出生前診断は受けるのか、受けないのか?
  • 受けて悪い結果が出た場合、どうするのか?
  • 実際に障害がある子が生まれてきた場合、育てられるか?

 

そういうことについて、夫や家族ともよく話し合いましょう。

 

そして覚悟を決め、今想定できる範囲での対応行動を練りましょう。

 

次にママ自身の危険についてもよく知り、覚悟と対応を決めましょう。

 

例えば、「無理っぽいとなったら即座に帝王切開に移行するように術前に医師に頼む」とか、です。

 

よい産婦人科を早めに見つける

結構、ぎりぎりになってどこが良いか探し回っている人もいます。

 

「ハイリスク出産」と判定されて個人医院から大病院を探すよう言い渡されるケースも多いです。

 

早めにいい病院と産婦人科医を見つけておきましょう。

 

  • 高齢出産の経験が豊富で、的確なアドバイスができる
  • 緊急の場合の設備が整っている

 

一般的には総合病院を選択される方が多いし、最初は個人病院を受診していても勧められる場合が多いです。

 

何が起きても対応できるように、となると設備とスタッフの揃っているところがよいからです。

 

ただし、そういう病院は何か月も前から予約が詰まっている場合も多いので、その意味でも早めに探した方がいいです。

 

しかし、この分野に経験豊富で設備のいい個人病院もあるので、そういう場合は例外です。

 

また、不妊治療からの流れの場合は、不妊治療のドクターが良い選択肢を示してくださることでしょう。

 

自分の心身を若く保つ

出産時の母体のリスクを下げるのは、母体の若々しさです。

 

実年齢ではなくて、現実の若々しさが大切。

 

妊娠前からの病気が出産時の危険につながりやすいので、普段から病気がなくて元気なこと。

 

その点で若いママに引けを取らないなら、高齢出産の分娩リスクは恐れるに足りません。

 

科学的根拠まではありませんが、若々しいママなら卵子の老化もあまり進行せず、染色体異常の発生率も下がるんじゃないかと思えます。

 

下記のような、子供が生まれてから後の問題も、ママが若々しくて元気なら全然問題になりません。

 

  • 乳児・幼児期のママの体力問題
  • 友達のママより年老いたママに子供がコンプレックスを感じる問題
  • 若いママ友とうまく付き合えない問題
  • 子供が成人した時に介護が必要な老人になって人生を邪魔してしまう問題

 

高齢出産を目指すなら、こんな問題を乗り越えられる気概を持ちましょう。

 

おばあさんのようなママでは、生まれてくる子供に申し訳ないじゃないですか?

 

今日から、若々しく生きることを始めましょう。

 

  • 暴飲暴食や喫煙などの悪い生活習慣を改める
  • 軽いものでよいから運動をする
  • おしゃれもする。少なくとも恰好構わずはNG
  • 新しいことに興味を持つ